平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

マヨネーズ多すぎて客の男が店員に発砲 2人死傷


アメリカ南部のジョージア州でサンドイッチのマヨネーズの量を巡るいざこざから客が発砲し、撃たれた店員が死傷する事件が起きましたね。

店のオーナー:「信じ難いが、マヨネーズが多過ぎると文句をつけた客が激怒して一気にエスカレートした」そうです。

現地の警察によりますと、ジョージア州アトランタのサンドイッチチェーン店で26日夜、客の男(36)が「サンドイッチのマヨネーズが多すぎる」と怒りだし、店員に向けて銃を乱射しましたみたいですよ。

店で働いていた女性2人が撃たれ、26歳の女性が死亡し、24歳の女性は重体だということです。

客の男は店から逃走しましたが、数時間後に逮捕されました。

アトランタ市では去年を上回るペースで殺人事件が起きていて、「口論」から殺人に発展するケースが最も多いということです。

こんなんで殺されんのか。マヨネーズでも分断されるアメリカという国。日本なら土下座強要で済んだのにね。

理由はなんであれその店員を撃ちたかっただけとかだったりして。マヨネーズ殺人事件とかコナンでありそうだから困る。

多くても、少なくても、入れ忘れても、殺される。まあ調度良い量は人によって違うから、もはや無理ゲーですね。

やっぱ銃社会はダメだな。気に入らない事あったらすぐ撃つから。しかしなんでも特盛のアメリカ人が多く感じるってどんだけマヨネーズ入れてるのか気になる。

今まで他の事をどう我慢して生きてきたか気になる。マヨネーズは引き金なのかそれともマヨネーズの量だけに異常な拘りがあったのか。

日本が銃社会だったら唐揚げレモンで毎年たくさん死ぬことになるかんじか。

マヨは用法用量を守って正しくお使いください。

ジョコビッチがウィンブルドンでスンウに勝ち17大会連続の初戦突破!

27日テニスのウィンブルドン、男子シングルス1回戦、ジョコビッチがクォン・スンウを6-3, 3-6, 6-3, 6-4で破り、17大会連続の初戦突破しました。

ジョコビッチはこの試合、第1セットを先取するも好調のクォンに第2セットを奪われます。第3セットの第5ゲームでブレークポイントを与えるもこれを凌いでセットカウント2-1とします。

続く第4セットの第2ゲームでもクォンに3度ブレークポイントを握られるも、これを切り抜けて第5ゲームをラブゲームでブレークに成功して勝利します。

現在ウィンブルドンを3連覇中のジョコビッチは、これまで16度出場して計6度優勝。この勝利によって同大会での通算成績を80勝10敗とし、男女を通じて史上初めてグランドスラムの4大会全てでマッチ80勝を達成しました。

ジョコビッチの試合後のオンコートインタビューのコメントが男子プロテニス協会(ATP)公式サイトに載せられていて、「以前にも言ったけど、このコートは本当に特別なんだ」とコメント。

「僕にとってここは常にプレーすること、そして勝つことを夢見るコートだった。子供の頃の夢はすべてここで叶ったので、センターコートに戻ってこられたことは光栄だ」

「僕は誰よりもテニスに捧げている」

「僕はもう若手の選手ではないけど、このスポーツに対する愛情はまだ僕の中で燃えているよ。グランドスラムでは常に最高のテニスをし、最高のコートで最高のテニスを提供しようと心掛けている。今、80勝を達成したから、次は100勝を目指そう」

さて6/27は米株安&金利上昇。今週以降の経済指標待ちのムードもあり、マーケット全体に大きな方向感はありませんでした。

テレビを消せばエアコンの1.7倍の節電と話題に

「エアコンの設定温度を28度に」――テレビのワイドショーでは、様々な節電方法が連日紹介されていますね。その一方で、黙殺され続けている一番効果的な節電方法があるそうです。

それはズバリ「テレビを消すこと」だ。

興味深いデータがある。野村総合研究所が4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』なるレポート。注目したいのは「主な節電対策を講じた場合の1軒あたりの期待節電量」という試算だ。

これによれば、エアコン1台を止めることで期待できる節電効果(1時間あたりの消費電力)は130ワット。一方、液晶テレビを1台消すと220ワットとなるみたいです。

単純に比較しても、テレビを消す節電効果は、エアコンの約1.7倍にもなるということだ。

テレビ消して節電とテレビ離れ加速させようかな。大型テレビとエアコンの消費電力近いからね。

テレビ番組休止すればかなり節電になるなぜやらないのかな?テレビ局は社会貢献しろよSDGsとか言ってないで。

死ぬまでエアコン我慢する爺婆もテレビだけは常時観てるからな。エアコン消すと熱中症で命の危険がある、TVを消しても誰も死なないどっちを優先するべきか明白だよな。

つまりテレビ捨てれば電気代節約+NHKの解約もできて凄くお得なわけだよ。テレビは結構発熱するから切っておくとエアコン効率があがるからな。

明るさを中くらいに下げる余計な画質機能は切る。これだけでかなりの省エネTVになるし、
特に画質機能色々切るとゲームする場合遅延も僅かながら減るからおすすめです。

自民党茂木幹事長「消費税を下げるなら年金3割カットするよ?」

茂木幹事長が
「みなさんからお預かりしている消費税、これは大切な財源ですので、これを下げるということになると年金3割カットするということになる」と発言していて話題になってますね。

消費税下げなくても年金カットしてるじゃないかと言いたくなります。そもそも年金と税金になんの関係があるんでしょうか?

完全に国民を馬鹿にしてますね。嘘と脅迫と…酷いなほんと。別に消費税増税しても年金増えないんだろう無茶苦茶です。

消費税がなかった時にも年金はあったし、もう
こんな発言する国会議員の給料と定員減らしてほしいですね。

なんで人質みたいな話を始めるんでしょうね。
物価高なんて一時的なんだからその間下げろって話なのに。

まあどうせ困るのは年寄りだけだしな。
現役世代はどっちみち年金貰えないから消費税なしでお願いだわ。

内田海智がオエイラスOPで優勝!

26日男子テニスのオエイラス・オープン3、シングルス決勝、内田海智がコッペハンスを6-2,6-4のストレートで勝ち、2021年12月のリオ・デ・ジャネイロに続きATPチャレンジャー大会2つ目のタイトルを獲得しました。

勝戦、内田は6本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに77パーセントの確率でポイントをとっていてサーブは絶好調!計4度のブレークチャンスを与えたもののこれをすべてしのいだ。リターンゲームでは10度のチャンスを創出し3度のブレークで勝利しました。

オエイラス・オープン3は昨年新設されたATPチャレンジャー大会で、前回大会の優勝者はアルカラス。27歳の内田は同大会2人目のタイトルホルダーとなっています。

アルカラスのようにトップ10入りしてもらいたいですね。

さて日本株は続伸しています。米国株大幅高でリスク志向改善-車や半導体に買いがおおいですね。

京都では16歳の舞妓さんと混浴できるらしい


舞妓の実態があきらかになりましたね。当時16 歳で浴びるほどのお酒を飲ませられ、お客さんとお風呂入りという名の混浴を強いられた(全力で逃げたけど)。これが本当に伝統文化なのか今一度かんがえていただきたい。お客さんと山崎18年一気飲み大会で勝利した時と飲酒していたツイートがありました。

あと身八つ口から手を入れられて胸を触られることも、個室で裾を広げられてお股を触られたこともあります。舞妓さんは基本パンツ履かないので。それをお母さんに言ったら、お前が悪いって怒られたそうです。

風営法とか適用されないの?キャバクラの年齢にはかなり厳しいのにこれは治外法権なのかな?修行期間中はタダ働きやから労働基準法関係ないのかもしれませんね。

闇が深すぎてパパ活してる方がマシに思えますね。舞妓なるやつのモチベーションって何か分からんな。

未成年売春の斡旋してる土地があるなんて知られたらやばいな英語での告発はかなり反響ありそうですね。

まあ上級のおっさんしか会えないのよな。だいたいの店が一見さんお断りだから。そういうのってスーパー金持ちが行くんだろ。舞妓関係なくキャバクラとかでもあるだろうな。

お座敷遊びで満足するわけないよな普通に考えて。今でもこんなの残ってるなら驚きだな。
舞妓の仕事なんてテレビでもよく特集されたりするぐらいなのにね。



クヴィトバがロスシー・インターナショナル大会初優勝!

25日女子テニスのロスシー・インターナショナル、シングルス決勝、クヴィトバがオスタペンコ(ラトビア)を6-3, 6-2のストレートで勝ち、大会初優勝しました。

ウィンブルドン女王(2011年、2014年)のクヴィトバはこの日、昨年の同大会覇者のオスタペンコを相手に第2ゲームからブレークします。サービスゲームではファーストサーブ成功時に84パーセントの確率でポイントをとっていてサーブは絶好調!第1セットを先行します。

続く第2セットでは2度のブレークで5ゲームを連取し、勝利しました。

クヴィトバの優勝後のコメントが女子テニス協会WTA)の公式サイトに載せてありました。「もちろん特別な決勝戦だったので、優勝できてとてもうれしいわ」とコメント。

「エレナがこのグラスコートで良いプレーをしていることは知っているし、ディフェンディング・チャンピオンだから。彼女の速い、攻撃的なプレーに備えることはできた。私たち2人とも、良い試合だったと思うわ」

クヴィトバは昨年3月のカタール・トータル・オープン以来、キャリア通算29勝目を挙げました。

さて米国株式市場(6月21日〜24日)代表株価指数上昇!S&P500が調整相場沼脱出。エネルギーは引続きぶっ叩かれ不況に強いヘルスケアが全軍前進!パウエル議長がインフレファイターとして本領発揮中、NAAIMは低水準で機関はまだまだ日和っている。来週は $NKE $TNP $MU などが決算ですね。