平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

追い込まれたメドベージェフの勝敗は?


3日テニスのウィンブルドンは、男子シングルス3回戦、メドベージェフがチリッチを6-7 (3-7),3-6,6-3,6-3,6-2のフルセットで勝ち、大会初のベスト16進出。試合後には「信じられない試合だった」とコメント。

第1・第2セットを落とし崖っぷちに追い込まれたメドベージェフでしたが、第3セットでは3度のブレークに成功しセットカウント1-2と反撃。第4セットでは6本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに89パーセントの高確率でポイント。チリッチにこの試合初めてブレークをさせずにセットを取り、セットカウント2-2に追いつく。
追い込まれてからのメドベージェフは凄かったです。
ファイナルセットでは疲れのみえるチリッチをストローク戦で圧倒。1度ブレークされたものの、リターンゲームではそれを上回る3度のブレークを奪い3時間36分の激闘でした。

メドベージェフにとって、グランドスラムで2セットダウンからの逆転勝利は自身初めてで、試合後の会見では「信じられないような試合だった」と驚いた様子でした。

「テニスファンは、2セットダウンから5セットになるまでの戦いを見るのが好きだと思う。僕もテレビでテニスを見ているときはそう思うよ。0-2からの初めてのカムバック、本当にうれしい。チリッチは素晴らしい選手で、最初の2セットはほとんど僕をブレークしていたね」とコメント。

四大大会初制覇を狙う25歳のメドベージェフは4回戦で第14シードのフルカチュと対戦します。

IPOの当日に「これは買っても良い・様子見」と決める基準は個人投資家に株がまわってきているかどうか。もしTwitterとかで「IPO株が自分にまわってきた!」というコメントを見たら避けたほうがいい。個人にまで株がまわるということは人気がないということですからね。