平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

錦織圭、まずまずの出来で全米初戦突破!

31日テニスの全米オープン、男子シングルス1回戦、錦織圭がカルーソを6-1,6-1,5-7,6-3で勝ち、2019年以来2年ぶり8度目の初戦突破しました。試合後の会見では「1回戦にしては良かったんじゃないかなと思います」とコメントしています。

2014年の同大会では準優勝している錦織ですが。2019年以来2年ぶりの出場ぼ錦織は1度もブレークされることなく第1・第2セットをとって勝ちに王手をかけました。

ですが、第3セットではこの試合初のブレークされセットカウント2-1と追い上げられてしまい、第4セットでは互いに2度ずつブレークを奪い合う激しい展開となります。それでも第7ゲームでこのセット3度目のブレークに成功した錦織が勝ちました。

試合後の会見で錦織は「内容で言うとオリンピックとかワシントンの方が若干良かった気はしますけど、1・2セット目は十分良いテニスができていましたし、そんなに毎週毎週比べていくわけにもいかないので。1回戦にしては良かったんじゃないかなと思います」とコメントしています。

錦織は前哨戦であるナショナル・バンク・オープンに出場していましたが、右肩の負傷を理由に2回戦を前に棄権を発表していましたね。この日は約3週間ぶりの実戦復帰となります。

肩の状態は悪くなさそうですね。100パーセントまで治ったかわかりませんが、今日の試合を観る限り問題無さそうです。サーブがなかなか練習できなかったのかファーストが1セット2セット目くらいはもうちょっとファーストの確率を上げていければよかったですね。ストロークは文句なしに良かったです。それでこういうスコアで1・2セット目はいけたのではないでしょうか。

さて中国の景気悪化が鮮明になっています。非製造業PMIが50を割ってしまいました。エバーグランデはいよいよデフォルトしそうです。中国の不動産バブルは名実ともに崩壊ですね。