平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

大阪なおみぶちギレで18歳に負け全米から消える

3日テニスの全米オープン、女子シングルス3回戦、大坂なおみはフェルナンデスに7-5,6-7 (2-7),4-6の逆転で負けて4年連続4度目のベスト16進出できず、大会2連覇と3度目の制覇とはいきませんでした。

初対戦のこの試合の序盤、左利きのフェルナンデスが打つサービスにやられブレークできない大坂。サービスゲームでは強烈なサービスを打ち主流れを掴むと、ストロークでフェルナンデスを左右に振りキープを続け終盤へ。ゲームカウント5-5で迎えた第11ゲームではフォアハンドウィナーを決めるなどで先行し、最後はラリー戦で打ち勝ちブレークし。第1セットをとります。

第2セット、大坂は徐々にフェルナンデスのサービスを攻略し始めるも互いのサービスゲームのキープが続く。大坂は第11ゲームでバックハンドのダウンザラインを放ちブレークするがサービング・フォー・ザ・マッチとなった第12ゲームでブレークバックを許しタイブレークに突入。タイブレークではミスを連発した大坂がラケットを叩きつけるなど集中力を切らすと、18歳のフェルナンデスにセットカウント1-1と追いつかれる。

ファイナルセット、ダブルフォルトやミスを重ねた大坂は第1ゲームで先にブレークを許すとその後も主導権をフェルナンデスに握られ3ゲームを連取される。その後のリターンゲームでもミスが多かった大坂は挽回することができないまま負けてしまいました。

まあ即バックされてブチ切れて、それをタイブレに引きずるにとどまらず、ファイナルまで引っ張ればこうなるだろうな。完全な自滅。まあ仕方ないでしょうね。

さて(米国株式市場8月30日〜9月3日)今週の合戦の振り返りましょう!代表株価指数はNYダウを除き続伸していますね。雇用統計は予想下回りテーパリング時期は後ろ倒しとの観測飛び交う状況(債券は売られる展開)。機関投資家関連指標マチマチ、手掛かり掴めませんね。