平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

今年もジョコビッチが年間最終ランキング1位!

7日男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ、シングルス決勝、ジョコビッチがメドベージェフを4-6,6-3,6-3の逆転で破って2019年以来2年ぶり6度目の大会制覇を果たし、「ATPマスターズ1000」の優勝回数が史上最多の37回となりました。試合後の記者会見では「過酷なラリーが続いた」と苦しみを語っていましたね。

9月に行われた全米オープンの決勝ではメドベージェフにストレート負けしたジョコビッチですが、この日も序盤からメドベージェフの正確なストロークで攻められ第1セットを落とし追いかける苦しい展開になります。

しかし第2セットでは3度のブレークチャンスを与えてしまいますが、これをすべてしのぎセットカウント1-1に追いつき、ファイナルセットでは10ポイントを連取するなど2度のブレークして勝cぎました。「ATPマスターズ1000」の優勝回数を37に伸ばし、同36回で並んでいたナダルを抜き単独史上最多となりました

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはジョコビッチの試合後のコメントが載っていました。

全米オープンの決勝を見直して、何が悪かったのか、何が正しかったのかを確認したんだ。メドベージェフのサーブやボールの投げ方のパターンを読もうとした。細かい部分を探したよ。第1ゲームでは彼のほうが良いスタートを切り、僕のサーブをブレークしたけど、僕はブレークバックした。結局彼は第1セットを楽に終えたけど、僕は自分がそこにいるように感じていたし、手応えはあったよ」

「サーブをうまく読んで、良いプレーをするのは時間の問題だと思っていた。正面から打ち負かそうとは思っていなかった。攻撃性を抑えて、適切なタイミングで適切なショットを打って、彼を追い込む方法を見つけなければならない。試合で勝つためには、多様性が必要。2人ともコート上で苦しみ、過酷なラリーが続いたよ」とコメントしていました。

また、ジョコビッチは前日行われた準決勝で第7シードのフルカチュに勝ったことでサンプラスを抜き史上最多となる7度目の年間最終世界ランク1位を確定させていたため、2夜連続の記録更新となっています。

今年もランキング1位で締め括るのは流石ですね。この記録をどこまで伸ばすのでしょうか?楽しみです。