平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

WTA=女子テニス協会が本気だす

1日WTA女子テニス協会は、中国の前の副首相に性的関係を迫られたことなどを告白したあと、行方が分からなくなったと伝えられている女子テニス選手を巡り「中国はこの問題に信頼できる対処をしていない」などとして香港を含む中国でのすべての大会を中止するとの発表がありましたね。

中国の女子プロテニスの彭帥 選手をめぐっては、共産党最高指導部のメンバーだった張高麗 前副首相から性的関係を迫られたことなどを告白したとされる文書がSNS上に投稿され、その後、行方が分からなくなったと伝えられています。

WTAではこれまで中国政府に対して透明性を確保したうえでの調査を求めてきましたが、WTAのスティーブ・サイモンCEOは1日、公式ホームページで声明を発表し「中国の指導者たちはこの非常に深刻な問題に信頼できる方法で対処していない」などとして「香港含む中国で開催されるすべての大会を直ちに中止する」ことを明らかにしました。

IOCWTAに怒鳴り込む展開になりそうですね。

女子大会開かれなくて損するの女子選手だけかもしれませんがこの判断はすばらしいと思います。

WTAファイナルズ中国開催だけで1000億の契約してるのにこの契約捨てるってすごいですよね。

バッハと違ってテニス協会はまだマトモなんだと思わされました。