平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

中国が女子テニス協会に「パンドラの箱を開けるな」と忠告

中国の著名テニス選手、彭帥さんの安否を巡る懸念から同国での全大会を中止すると発表した女子テニス協会(WTA)について、共産党系の環球時報は「パンドラの箱を開けつつある」と警告していました。 国際オリンピック委員会(IOC)は彭さんと2回目のビデオ通話を行ったみたいですね。

環球時報は、WTAが「急進主義」を示していると英語で書かれた社説をツイッターに投稿しています。中国からツイッターにはアクセスできず、この社説は同紙ウェブサイトや中国語のプラットフォームには掲載されていないようです。

社説では、来年開催される北京冬季五輪にボイコットを呼び掛ける欧米政治家の動きと関連付け、「WTAは中国の政治制度に反対する西側世論に突き動かされて行動した」と主張しています。WTAが「スポーツ界全体の悪い見本になっている」とし、「五輪精神への背信」だとWTAメンバーを非難しています。

そもそもビデオ通話出来たから問題なしって話じゃありませんよね。生配信するだけで解決するのにしないのはなんでなんでしょう?

IOC中共からなんぼほど積まれてるんですかね。騒げば騒ぐほどIOCの株が下がってWTAの株が上がるだけの気がしますが…

問題の渦中にいるとはいえ、いち選手がIOC会長と直接頻繁に連絡取っていること事態が異常なのではないでしょうか?