平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

メドベージェフのラケットオークションでいくらに?

10日男子テニスのメドベージェフはインスタグラムを更新し、サイン入りテニスラケットをオークションに出品しました。集まった資金は腸がんと診断された、友人でもありテニスコーチでもあるクリスティアン・シュナイダーに寄付されるそうです。

今季、メドベージェフは2月のATPカップ、3月のオープン13・プロヴァンス、6月のマヨルカ・チャンピオンシップス、8月のナショナル・バンク・オープンで優勝すると、9月の全米オープンで四大大会初制覇しました。

その他は2月の全豪オープン、11月のロレックス・パリ・マスターズ、11月のNitto ATPファイナルズで準優勝して躍進していましたね。

投稿でメドベージェフは「シーズンの終わり、僕のサイン入りラケットを手に入れるチャンスをオークションで提供することにした。他のオークションと同様に最も高い金額を提示した人の元にラケットをは贈られる」とコメントしています。

どれぐらいで落札されるか気になりますよね。

さて雇用統計見る限り米国ではインフレする反面、年5%近い賃金上昇が続いとるから、別に深刻でもない気がしますね。インフレ7%近い故実質はマイナスじゃが、エネルギーの一過性要因剥落したら見合うと思う。一方日本よ深刻なのは。円安とサプライチェーンで輸入物価上がるのに賃上げ無しなことかな。