平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

全豪でナダルが13年ぶり2度目の優勝!史上最多となる四大大会21勝目に

30日テニスの全豪オープン、男子シングルス決勝、ナダルがメドベージェフを2-6,6-7 (5-7),6-4,6-4,7-5の逆転フルセットで勝って2009年以来13年ぶり2度目の優勝!史上最多となる四大大会21勝目になりますね。

勝戦、互いに高い集中力を持ってサービスゲームキープ合戦で、第5ゲームでロングラリーなどを落としたナダルは1ポイントも取れずにブレークされてしまいます。直後の第6ゲームでは強烈なフォアハンドウィナーを決めるも守り切られると、第7ゲームでもポイントを取れず再びブレークされます。結果的に第4ゲームから5ゲームを連取され、第1セットを落とします。

第2セット、第4ゲームでナダルは40本のラリー戦をものにしブレークチャンスを握り、最後はメドベージェフのショットがアウトになりこの試合初のブレークします。第7ゲームでブレークバックされますが、第8ゲームでは絶妙なドロップショットを放ち再びブレーク。ゲームカウント5-3とリードして迎えた第9ゲームだったが、スマッシュミスなどもあり再び追いつかれてしまいます。

セット終了後に両者トイレットブレイクを取得し仕切り直しとなった第3セットの第6ゲーム、ナダルはミスを重ねるとメドベージェフにジャンピングバックハンドのダウンザラインを決められ0-40とブレークチャンスを与えます。しかしその後追いつくと、最後はメドベージェフのショットがアウトになりキープした。すると迎えた第9ゲームではナダルのパッシングショットが決まりブレーク。セットカウント1-2と反撃を開始します。

第4セット、ナダルは第3ゲームで先行すると最後はメドベージェフのダブルフォルトにより先にブレーク。このゲーム間でメドベージェフは太もものマッサージを受けていました。直後の第4ゲームではブレークバックされますが、第5ゲームではネット前の攻防を制し再びブレーク。セットカウント0-2から2-2に追いついきます。

勝負が決まるファイナルセット、互いにサービスゲームキープ合戦、第5ゲームでフォアハンドのダウンザラインを放ち先にブレーク。その後も幾度となくピンチを迎えるとサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第10ゲームでブレークバックされますが。それでも集中力を切らさなかったナダルは第11ゲームでブレーク。そのリードを守り切り、今大会最長の熱戦を制しました。

35歳のナダルジョコビッチフェデラーと並び四大大会優勝回数が20となっていたが、今回の制覇で単独史上最多の21度目の優勝となっりました。さらに、すべてのグランドスラムを2度ずつ制するダブルグランドスラムも達成しています。

35歳でグランドスラム優勝はすごいですよね。
ここで四大大会優勝回数の記録を伸ばしてくるとは思いませんでした。またグランドスラムで活躍する姿をみたいですねと