平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

チチパスまた「ATP500」のタイトル手にできず

13日男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメント、シングルス決勝、オジェ アリアシムがチチパスを6-4,6-2のストレートで勝ち、悲願のシングルスツアー初タイトルを獲得しました。

これまでツアーのシングルス決勝で8戦全敗だったオジェ アリアシムでしたが、今大会は準決勝で昨年王者のルブレフを下し9度目の決勝の舞台へ駒を進めました。

勝戦でオジェ アリアシムは7本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに93パーセントの高確率でポイントを取っていてサーブ絶好調。チチパスに1度もブレークチャンスを与えませんでした。リターンゲームでは4度のダブルフォルトのチチパスに対し、セカンドサービスから積極的にストローク戦で攻め立て、6度のブレークチャンスのうち3度ブレークします。熱戦の末念願のトロフィーを手にしました。

試合後の優勝セレモニーでオジェ アリアシムは「3年前にツアーの決勝に初めて進出して以来、決して平坦な道のりではなかったんだ。初タイトル、しかもここで獲得できたことは僕にとって素晴らしい日だよ。数年前にここで初めてATPのメインドローを戦ったから、ここで初タイトルを獲れたのは正しいことだ」とコメントしています。

「みんなの前でここでプレーして、いい思い出がたくさんできた。一生忘れられない特別な1週間にしてくれてありがとう。僕のキャリアの中で最も幸せな日であり、これから訪れるたくさんの日の最初の1日となることを願っている」

負けたチチパスですが 、これまでツアー7個のタイトルを獲得していますが「ATP500」のタイトルはいまだ手にできず、今回もあと一歩のところで届きませんでした。