平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

ロシア軍「衝撃の弱さ」で核使用の恐怖が高まる

ウラジーミル・プーチン大統領のウクライナ侵攻で明らかになったロシア軍の強さは、パラダイムシフト的な驚きをもたらし、ロシアの実力、脅威、そして国際舞台におけるロシア政府の将来に対する西側諸国の見方を一変させるかもしれません。

戦闘開始からわずか1日で、ロシアの地上軍は当初の勢いをほとんど失っっ
ています。その原因は燃料や弾薬、食糧の不足に加え、訓練や指導が不十分だったことにあるそうです。ロシアは陸軍の弱点を補うために、より離れた場所から空爆、ミサイル、砲撃による攻撃を行うようになっています。プーチン核兵器を使う可能性をちらつかせて脅していますが、これはロシア軍の通常戦力が地上における迅速な侵攻に失敗したからこその反応だと、アメリカの軍事専門家は指摘しています。

他の軍事専門家からは、ロシア本土から完全な準備を整えて侵攻したロシア軍が、隣接する国でわずか数十キロしか進めなかったことに唖然としたという声もあがっています。ある退役米陸軍大将は、本誌に電子メールでこう述べています。「ロシアの軍隊は動きが遅く、その兵力はなまくらだ。そんなことは知っていた。だが最小限の利益さえ達成する見込みがないのに、なぜ地球全体の反感を買う危険を冒すのか」。この陸軍大将は、ロシア政府が自国の戦力を過大評価していたという説明しかないと考えているそうです。

ここまで弱いと核も飛ばせなさそうではあるが
注意が必要ですね。見たまんま装備も車もヘリもボロいから核兵器も整備されてないのかと思ったりもします。やっぱり経済あっての軍備だなあと感じますね。

さてパラジウムが過去最高値になり、ブレント原油先物139ドル台になりました。TikTok, Netflixロシア事業停止されました。コモディティ関連銘柄が高騰していますね。