平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

ワウリンカ1年ぶりのツアー復帰も負ける

11日男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ、シングルス1回戦、ワイルドカードで出場のワウリンカはブブリクに6-3, 5-7, 2-6の逆転負けし、初戦で姿を消しました。

37歳のワウリンカは、昨年3月のカタールエクソンモービル・オープン以降、左足の負傷および手術によりツアーを離脱していました。先月、エニーテック365・アンダルシア・オープンで1年ぶりの公式戦復帰しましたが、イメルにストレート負けしていましたね。

ワウリンカは今大会の記者会見で、1年ぶりのツアー復帰について「奇跡とは言わないけど、1年以上というのはとても長くて大変だった。数週間で退院できると思っていた。だけど、1年以上もの間、何度も迷いながら過ごした」とコメントしています。

復帰後、初勝利を掴みたいワウリンカはオープニングゲームでいきなりブレークされますが、第2ゲーム、第6ゲームでブブリクのサービスを破り、第1セットを先取します。

リードするワウリンカがこのまま優勢に試合を進めるかと思いましたは、第2セットに入るとブブリクは持ち前のビッグサーブでサービスエースを10本決める。互いに譲らずブブリクのゲームカウント5-4で迎えた第10ゲーム、ワウリンカは3度ブブリクにセットポイントを握られるもこれを凌ぎますが、第12ゲームで再びセットポイントを与えると、これをブブリクが決めて1セットオールとなる。

ファイナルセット、ワウリンカは第1ゲームで2度のブレークポイントを掴むもブレークできず、逆に直後の第2ゲームをブレークされると、第6ゲームでもブレークされます。ワウリンカは第7ゲームでマッチポイントを凌ぎブレークバックをするも、続くゲームをキープできず、ブブリクに負けてしまいました。

ワウリンカは昨年2月の全豪オープン以来となる白星を飾ることはできませんでした。

さて米金利上昇 & 株安ですね。 ナスダックが2.2%安。4月に入り調整色が強まっています。中国のロックダウンによる景気不安やFRBの金融引き締めへの警戒が背景にあります。米10年債は2.7%後半に。今晩21:30に米CPI(インフレ)が発表ですね。