平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

政府「結婚できるよう壁ドン練習しましょう!」

内閣府の「教育で『壁ドン』練習を」に批判の声が多く集まっているそうです。

f:id:suzaku2310:20220414080352p:plain

話題になっているのは、内閣府男女共同参画局が主催する「人生100年時代の結婚と家族に関する研究会」だ。同研究会は未婚・単身世帯の増加や平均初婚年齢の上昇など、ライフスタイルが多様化する日本でどのような課題が生じているか明らかにすることを目指している。

4月7日に開催された第11回に参加した成蹊大学文学部の小林盾教授(社会学)は、提出した資料において、「男女ともハンサム・美人ほど恋愛経験豊か(女1.5倍、男1.7倍)」と紹介し、「男性は80キロ、女性なら60キロ超えたら、もう恋愛の資格ないでしょ」という女性のインタビューを自著『変貌する恋愛と結婚 データで読む平成』から引用。

また「恋愛チャンスに格差がある」として、その是正のために教育に「壁ドン・告白・プロポーズの練習」を組み込むことを例として提案したそうですよ。


問題は金じゃないのかな?男女共同参画局って内閣府を事実上クビになったやつが配属されるらしいといわれているそうです。何もしなくても国が動くから使えないやつが配属されるらしいですね。

まぁ日本の恋愛って良くも悪くも男女の非対称性と不平等さを利用してたから、ジェンダー平等が社会的正義になったらそら恋愛も結婚も減りますよね。

お見合いを奨励しようにも、昔は結婚しないと生きてけなかったからブスを紹介されても文句言わずに結婚したが現代で1人で余裕で生きれる社会でブスを紹介されて素直に結婚して一生養うか問題が発生しますよね。

こんなこと考えるために金と時間使ってんのか…暇でいいですね。結婚しないと生きられない社会から、結婚しなくても生きられる社会に変わっただけのことなのになあ。