平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

岸田首相「消費税率の引き下げ考えていない」と財務省の言う事を聞く力発動

岸田文雄首相は22日の参院本会議で、経済対策の一環としての消費税率の引き下げは考えていないと明言していました。 倉林明子議員(共産)への答弁ですね。

倉林議員は、コロナ禍による生活の困窮にインフレが追い打ちをかけていると指摘、支援拡充の一環としての消費減税の必要性について質問した。岸田首相は、21日の与党からの申し入れを受けて物価・高騰緊急総合対を4月中に取りまとめ、「コロナ禍の物価高騰で生活に困窮する方への支援を含め具体化を進め、補正予算編成も検討する」などと答えていたけど、消費減税については検討しないとのことです。

今こそ消費をして欲しいはずなのに消費を抑える税金の税率を下げないとか頭おかしいんじゃないのかと思ってしまいますよね。

岸田首相ってどうでもいいことは検討するくせに、大事なことは絶対に検討しませんよね。ばら蒔きは即断する癖になあ。消費税減税よりも増税する可能性のがはるかに高いような心配がありますよね。

日本国民の為ではなく外国のための政権だからな。日本国民が本当に嫌いなんだって思わされる発言や政策ばかりですね。民主党政権時代の次に酷いです。

円安で諸々の物価がインフレしてるけど、電気代とガソリン代に関しては政府の一存でどうにでもなる話です。国民の生活を守り、日本を発展させるための政府だって基本に立ち返ってよ
私腹を肥やし、海外に見栄を張り、国民には重税を課すしかできないなら、上に立つ資格ないです。

消費税とかガソリン税下げても、自民にメリット無いから留学生やガソリン業者に金ばら撒いた方がメリットがあるですかね。国民のメリットなんか政治家が気にするわけなくなっているなあ。

消費税は別に下げなくてもいいけど意味不明な非課税世帯への給付とかやめてほしい。弱者救済したいのかしたくないのかはっきりしてもらいたいものです。

財務省のポチだからこんなおかしな結論になるんですよね。経済音痴って怖いなあ。小売の対応があるから消費税は簡単に上げ下げ出来ないけど他の税金に関しては何かやってくれないかな?何も経済対策しないし日本の一人負け状態になってしまいます。

私らに出来ることは選挙に行って自民以外に投票する事だけですね。投票に行かないって事は岸田を応援してるようなものになってしまいます。