平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

吉野家「生娘を牛丼中毒にするシャブ漬け戦略」と講座で発言


吉野家は2022年4月18日、常務取締役企画本部長が外部で不適切な発信をしたとして、「多大なるご迷惑とご不快な思いをさせた」と謝罪していましたね。

吉野家の発表によれば、2022年4月16日の社会人向け講座に講師として招かれた取締役が、不適切な発言したみたいです。

「人権・ジェンダー問題の観点からも到底許容できるものではありません」とし、「講座受講者と主催者の皆様、吉野家をご愛用いただいているお客様に対して多大なるご迷惑とご不快な思いをさせたことに対し、深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした」と謝罪ています。

この取締役は講座翌日、主催者に書面で謝罪し、後日改めて対面で謝罪するという。会社としては処分を含め対応を検討しているそうです。

問題の発言は、早稲田大学の社会人向けのマーケティング講座の初回授業で飛び出したとみられます。

受講生のSNS投稿によれば、取締役は自社の若年女性向けマーケティングを「生娘をシャブ漬け戦略」と発言し、「田舎から出てきた右も左も分からない若い女の子を無垢・生娘な内に牛丼中毒にする。男に高い飯を奢って貰えるようになれば、絶対に食べない」とも話していたそう。

投稿は広く拡散し、問題視する意見が相次いでいた。吉野家広報はJ-CASTニュースの取材に、会社としての考えではないとし、「一度利用したお客様の利用の継続を図りたいという考え方の元発言しましたが、講座内で用いた言葉・表現の選択は極めて不適切でした」などとコメントしています。

牛丼なんか食うやつは馬鹿だと思われてるわけですかね。過去ほじくったら色々出てきそうな発言ですね。こんなんだから吉野家の役員なんかやってるんかな。公の場で生娘だのシャブだの俗語が出てくるのはヤバい。

常務取締役がこの発言って謝罪だけじゃ許されないレベルだな。下品な会社だなぁ、これが、取締役か。