平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

ジョコビッチがセルビアOP決勝ガス欠で負ける

24日男子テニスのセルビア・オープン、男子シングルス決勝、ジョコビッチはルブレフに2-6, 7-6(7-4), 0-6で負け、今季初優勝できませんでした。

ジョコビッチは今大会、ハチャノフを4-6, 6-1, 6-2の逆転で勝ち、3試合連続の逆転勝利で決勝に進出。一方、ルブレフは準決勝でフォニーニを6-2, 6-2のストレートで勝ち、決勝進出を決めました。

両者は2度目の顔合わせで、前回は2021年11月のNitto ATPファイナルズで対戦し、ジョコビッチが6-3, 6-2のストレートで勝っています。

同大会で11年ぶり3度目の優勝を狙うジョコビッチは第1セット、好調な滑り出しを見せるも第5ゲームで先にブレークされ、第7ゲームもサービスキープができず。4試合連続で第1セットを落として追いかける展開になります。

第2セット、ジョコビッチが第2ゲームでブレークしますが、ルブレフは第3ゲームですぐさまブレークバック。互いにサービスキープを続けて迎えた第10ゲームでジョコビッチは2度のセットポイントを掴むも決めきれず。ジョコビッチは第12ゲームでもセットポイントを2度握るも、ルブレフがキープをしてタイブレークに突入します。

タイブレークに入ると、ジョコビッチが先にミニブレークに成功して3ポイントを連取し、リードを守って1セットオールとする。

ファイナルセット、逆転勝ちを狙うジョコビッチだったが疲労を隠せず。ルブレフに6ゲーム連取され負けてしまいました。

さてフランス大統領選、仏公共放送が「現職マクロン氏の再選確実」と伝えています。極右政党のルペン氏との接戦が見込まれていました。マクロン氏はEUとの緊密な連携を重視。対ロシアでは、米国とも協調し、厳しい姿勢で臨むことになりそうです。