平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

デジタル庁が無給で高齢者向けにデジタル活用を教える人募集

高齢者らデジタルに不慣れな人向けに講座を開くなどして支援する政府の「デジタル推進委員」の制度の概要が26日までに分かかりました。任期は原則1年で5月下旬から募集を開始。専門家による研修を経てデジタル庁が認定するそうです。推進委員は、岸田文雄首相の掲げる「誰ひとり取り残されないデジタル化」の実現に向けた柱で、全国1万人以上を配置する方針を昨年表明しています。

推進委員の募集要項案によると、推進委員は本人や所属企業・団体からのオンライン申請に基づいて牧島かれんデジタル相が任命するみたいですよ。

高齢者ら向けに交通費などを除いて無償で講習会を開催し、スマートフォンなどデジタル機器の使い方やマイナンバーカードを保険証として利用するための登録方法などデジタル関連政策の活用の仕方などを教えるとのこと。

無給で任期は1年だが原則、自動更新とする。デジタル庁が認定証として画像データを付与する。推進委員間で、講習会の開催方法などの知見を情報共有できる専用サイトを6月以降に立ち上げる予定だそうです。

無給で自動更新って何ですかね。まさにやりがい搾取です。これだから国の労働がぶっこわれるわけですよね。無給だけでも強烈やけど自動更新ってどこまで舐めてんのかな?せめてポイント配るとかその時間分あらゆる租税公課を免除するとかやってほしいものです。

これ中抜きどころか全抜きですよね。まあ強制労働じゃないんだし参加しなけりゃいいだけですけど。ただで教えるのに偉そうな老人が無茶苦茶言うのが目に浮かびます。

子供相手ならともかく何が悲しくて老人にただでIT教えないといけないんでしょう。理解力悪く下手したら逆ギレするクソジジイに誰が無給で教えるんだよって話です。

オリンピックボランティアと同じ構図ですね。
未だに技術者を雑に扱ってるんだな。少しはマシになったかと思ってたのに残念です。

デジタル庁職員(奴隷管理者) 年収1000万なんだからデジタル庁に所属してる奴がやればいいのでは?