平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

「体育座り」実は体に悪いらしい 


体育の授業や集会でおなじみの「体育座り」ですが実は、世界でも日本でしか見られない珍しい座り方で、内臓を圧迫し、座骨の痛みが出るなど体には悪影響が多いという指摘があるそうです。集会時の座り方を見直す学校もあり、当たり前だった光景が見られなくなる日が来るかもしれませんね。

島根大大学院教育学研究科の久保研二准教授(39)=体育科教育学=によると、1965年に文部省(当時)が、学習指導要領の解説書として発行した「集団行動指導の手引き」で、「腰をおろして休む姿勢」として写真付きで示されてから広まった。省スペースで手遊びがしにくく「行儀よい姿勢」という印象が浸透したらしいです。

体への悪影響として、腰痛を引き起こしていることは、研究で明らかになっている。国際医学技術専門学校(名古屋市)の理学療法士・増田一太さん(42)の2014年調査で、主に関西地方の小学5年~高校3年の男女939人の12・7%に腰痛があり、座った時に痛みを訴えるケースが66・4%で、そのうち体育座り時に痛みを感じたのが52・3%だったみたい。

増田さんは「教育の場で話を聞くことより、姿勢を維持することに焦点が置かれすぎている」と問題視し、「もぞもぞ動くのは、痛みを回避しようとしているため」と解説しています

山口県下関市の市立豊北中学校(生徒数113人)は昨春、集会での体育座りを改めたみたいですよ。着任した矢田部敏夫校長(56)が、集会時に体育座りをする生徒がつらそうにしているのを見たのがきっかけだそう。

教員やPTAと相談し、パイプ椅子を導入。集会時は生徒が自分の椅子を出し、終わればしまう。 準備に5分ほどかかるが、会が1時間を超えても落ち着いて参加できるようになったみたいです。

床に傷が付くのを防ぐため、椅子の足に専用ゴムを装着する導入費に十数万円かかったが、矢田部校長は「当たり前とされてきた体育座りは生徒に苦痛を強いていた。考え方の転換が必要だった」と訴えています。

同様の理由で群馬県高崎市の中学生から「体育座りを廃止して」と市に意見が届いた例がある。 山陰両県で動きはないが、松江市内の小学校に通う5年生の女子児童(10)は「体育座りはつらい。あぐらがいい」と望むなど、隠れたニーズはありそうですね。

パンツ見えるしやめたほうがいいですよね。
むしろそんなに長時間体育座りさせてたほうが問題ではないのだろうか?

学校であんなに体育座りの仕方を習ったのに
社会人になってから体育座りしたことないなしな。役に立たない教育の最たるものだろう。

太ってる友達が体育座りしてると息が苦しいって言ってたの思い出しました。大人になってから冷静に考えると床に座るってねえ。

正座とか、体育座りとか、昔ながらの習慣は短足の原因になってるんだろうね。こういうのどんどん取り除いていけば、短足o脚、猫背腰痛持ちの日本人も減ってくるかもしれませんね。

まあ体育座りが悪いんじゃなくその姿勢で長時間居させ続ける話の長い校長が悪いんだけどな。どんな姿勢でも長時間ずっと固定は良くないよね。

命令に対する全員の服従が大事なのであるってのが学校の教育で前へ倣えとか、気を付けとか、右向け右とかも軍隊の名残よなこれもなくしていく方向で頼むよ。