平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

アルカラスがマドリッドOPでナダルに続きジョコビッチにも勝利!


7日男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン、シングルス準決勝、アルカラスがジョコビッチを6-7(5-7),7-5, 7-6(7-5)の逆転で勝ち、決勝へ進出しまそや。試合後、アルカラスは「明日の決勝を戦う自信がついた」とコメントしています。

今月5日じゃ19歳の誕生日のアルカラス。
準々決勝でナダルを6-2, 1-6, 6-3のフルセットで勝ち、史上最年少で大会ベスト4進出しています。

初対戦の両者。アルカラスは第1ゲームからブレークして幸先の良いスタートでしたが、タイブレークに持ち込まれると、2度のミニブレークを奪われて第1セットを落とします。

第2セット、サービスキープ合戦で、アルカラスが粘りのプレーで第12ゲームにこの日2度目のブレークし、1セットオールになります。

勝負のファイナルセットもサービスキープ合戦。第10ゲームでアルカラスがマッチポイントを掴むもジョコビッチが凌ぎ、この日2度目のタイブレークに突入。3度のミニブレークを奪ったアルカラスが勝利します。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトで試合後のアルカラスのコメントを載せてり、「何がジョコビッチの差だったのか分からない」とコメント。

「僅差の試合だった。第2セットの終盤には、彼にブレークするチャンスがあったんだ。第1セットもタイブレークではとても接戦だった。正直なところ、何が勝敗を分けたのかわからないよ」

「これで、明日の決勝を戦う自信がついた。本当に良い試合ができたと思うし、これからのシーズンでも世界のトッププレーヤーと対戦して彼らに勝つことができると思うので、とても自信になる」

「僕はただ結果を出すこと、世界のトップと肩を並べるためにすべてのトーナメントで良い試合をすることを心がけているんだ」

「明日はマイアミのときと同じように決勝に臨む。2度目のマスターズ1000の決勝を戦えることは本当に幸せだ」

この勢いで決勝も戦ってほしいですね。