平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

岸田首相が株の配当や譲渡益に課税する新法について検討中


松野博一官房長官は9日の記者会見で、株式の譲渡益や配当などを対象とする金融所得課税の強化について
「投資をしやすい環境を損なわないように配慮しつつ、与党の税制調査会などで議論される」と話していましたね。

岸田文雄首相は5日、英ロンドンの金融街ティーでの講演で国民の資産所得を倍増する計画を打ち出したが金融所得課税の強化には触れてわいませんでした。

インベスト・イン・キシダ発言からの手のひら返しで舌の根も乾かないうちに増税とかおかしすぎますよね。

長期投資促すならNISA枠をもっと広げてほしいものです。投資家は日本じゃなくて他の国に住んだほうが良いかもしれませんね。

減税するならまだしも、まさかの増税するとはね。そうやって集めてジジババへのバラマキに遣われるんだからやってられんな。

老人福祉には無尽蔵の金を惜しみなく注ぎ込むが、労働者や若者の未来は容赦なく食い潰す。
つみたてnisaの非課税枠には課税しないでもらいたいですね。

更に外国人投資家が離れていく予感がしますね。イーロン・マスクが言ってたなあ日本は消滅するって。要するに投資する価値も無いってことかな?

ふと思ったけど岸田って増税以外何もやってなくないか?経済成長すれば成長した分税収だって増収するだろそれで取れよなあ。

もう投資もせずカネも使わず貯金だけしていろってことだな。ただでさえ日本はお金稼ぐの制限が多いのにリスク負って企業に投資するのがいなくなれば産業が衰退するのは歴史が証明してるのに本当に日本はその日暮らしの原始時代に戻ってしまうぞ。

岸田自身が株式投資してないから「株式で利益出す事はズルい行為」という思考なんだよ。日本はそういう考えの国民がまだまだ大多数だから、そうやって増税したら、人気も取れて一石二鳥ですね。