平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

自民党議員月収100万円の給料を嘆く

パーティーは10日にあった。細田氏はその中で「議長になっても毎月もらう歳費は100万円しかない。上場会社の社長は1億円は必ずもらう。普通の衆院議員は手取りで70万、60万くらい」と主張。衆院の定数がかつてより減っているなか、「民主主義はできるだけ各党でたくさんの議員を出して盛んな議論をしてもらう方がいい」とも語っていました。

上場企業の社長でも月収1億円はそういないだろ話盛りすぎですよね。貰ってたとしたら議員辞めて上場企業の社長になればいい話です。

取り敢えず不服らしいから議長はやめてもらってもいいですよ。補助やら支援金やら手当やらを含めりゃ全員1億貰ってるのになにを文句いってるのだか。

議員って利権守るだけで生産性が全くないしね。なーんもやらずに100万貰えるんだからおいしいと思わないと。そんな金銭感覚なら税金を平気で中抜きできるわな、納得です。

次の選挙公約に議員の給料上げろを入れればいいよ。上場した会社の社長と、自民の比例で当選と同じとおもってるならお花畑牧場ですよ。

バカでも口が達者なら成れる政治家とある程度は頭が良くないと成れないサラリーマン社長を比べるびきではないですよね。