平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

ジョコビッチがイタリア国際でオジェ アリアシムに勝ち1位をキープ

13日男子テニスのBNLイタリア国際、シングルス準々決勝、ジョコビッチがオジェ アリアシムを7-5, 7-6(7-1)のストレートで勝ち、9年連続で準決勝へ進出しました。

同大会を過去5度制しているジョコビッチは、3回戦でワウリンカ(スイス)との26度目の対戦を6-2, 6-2で勝利し、準々決勝へ進出。

対戦相手のオジェ アリアシムは3回戦でギロンを6-3, 6-2のストレートで勝って8強へ駒を進めています。

初顔合わせとなったジョコビッチとオジェ アリアシムの一戦は第1セット、ジョコビッチが第8ゲームで先にブレークし、第9ゲームでサービングフォーザセットを迎えるもオジェ アリアシムがブレークバック。このままタイブレークにもつれるかと思われたが、ジョコビッチが第12ゲームで再びブレークし、先取します。

第2セット、サービスキープ合戦のなかジョコビッチが第6ゲームでブレークして均衡を破るも、オジェ アリアシムが第9ゲームでブレークバック。両者譲らずタイブレークに突入するとジョコビッチが先にミニブレークし、オジェ アリアシムを振り切って準決勝進出を決めました。

ジョコビッチは今大会、準々決勝で敗退した場合に次週発表のATP世界ランキングでメドベージェフに再び抜かれて2位に陥落する可能性がありましたが、4強入りしたことでなんとか1位の座をキープしています。

ジョコビッチは準決勝でルードと対戦します。ジョコビッチとルードは3度目の顔合わせで、これまでジョコビッチが2勝している相手です。

さて米国株は急反発しましたね。ナスダックは3.8%高で、水曜の「CPI発表→株急落」の前の水準を回復しました。投げ売りが一巡する中で自律反発狙いの買いが強まりました。