平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

サウジアラビア政府が任天堂株を大量購入へ

サウジアラビアの政府系ファンド(SWF)であるパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が、任天堂の株式を5.01%(約651万株)保有していることが明らかになりましたね。

PIFが18日に関東財務局に提出した大量保有報告書によると、保有目的は「純投資」で、重要提案行為などの該当事項には記載がない。報告義務発生日は11日だった。

任天堂の広報担当者はブルームバーグの電話取材に対し、PIFの大量保有についてはニュースで把握しているとした上で、個別の株主との協議については話さないと述べました。

東洋証券の安田秀樹シニアアナリストは、「サウジアラビアは近年自前のコンテンツ産業を興そうと相当努力している」と指摘。任天堂を含む日本のゲーム会社への投資は、「産業の作り方、育て方を学ぼうという狙いがあるのではないか」との見方を示しています。

ブルームバーグのデータによると、PIFはネクソン株の9.14%、カプコン株の6.09%、コーエーテクモホールディングス株の5.03%、東映株の5.00%を保有している。今回の任天堂を含め、保有銘柄はいずれもゲームやエンターテインメント企業だ。

オイルマネーでうなるほど金があるソブリンファンドだけど、口出さないから別にいいかもしれませんね。円安だから買われちゃうのかな。

キャッシュもあるし、こんな優良銘柄なかなか無いからな。口出しせずに配当貰うのがベストですね。

グローバル企業なら当たり前の投資ですね。
乗っ取りとか言ってる方が感覚をなくしていかないといけません。浮動株多くないし買収はできないから純投資ですね。

任天堂が発行可能株数の半分も発行していないから50%とか根本的に無理だからヨッシーラクダに変えるとかはできないな。