平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

あんこの味しかないから日本人の「和菓子離れ」加速


「相国最中(しょうこくもなか)」などの人気商品を抱える創業74年の和菓子メーカーの紀の国屋が廃業しましたね。

多摩地区を中心に20店舗を展開していたのに突然の発表にSNSでは惜しむファンの声があふれていました。2021年には「宝まんぢゅう」で知られる仙台の宝万頭本舗も自己破産しています。

1世帯あたりの和菓子と洋菓子の年間支出額には大きな差があります

2社とも、自己破産した直接のきっかけはコロナ禍と見られるが、帝国データバンクによると、紀の国屋は1993年に本店工場を移転新設した際の金融負債を抱えていた。1日2万個売り上げるとしていた相国最中など、自社製造の餡など品質への評価は高かったが、顧客層が高齢化したことや、砂糖などの原材料の価格上昇が重荷になっていたとしています。

農畜産業振興機構によると、和菓子は生産額のピークは1993年で、その後30年間ずっと右肩下がりである。総務省の家計調査によると、2021年の1世帯当たりの和生菓子の年間支出金額は9920円。2008年の1万2172円と比べると、2252円減少している。洋菓子店はコロナ禍で持ち直したが、和菓子店はなぜ、これほど苦戦しているのだろうか。考えられる要因は5つある。

1つは、和菓子を使う場面が限定されがちなことだ。洋菓子は、手土産や誕生日パーティーなどのハレの需要もあれば、日常的なおやつに用いられることもある。コロナ禍では、在宅時間の合間におやつとして食べる人が増えたことが、洋菓子店の需要増につながり、倒産も急減した。一方、和菓子は手土産や旅行の土産など、ハレの日需要が中心だからです。

コロナ禍の影響で廃業した2社は、手土産需要が減少したことが決定打になっています。特に2020年、2021年は、感染を予防するため帰省を控える傾向が強まり、旅行や出張もしづらかった。手土産が購入目的の中心にある銘菓ほど、ハレの機会の減少は大きな痛手になりました。

リーマンショック後、洋菓子のブームが去ってパンブームが到来したが、それはパンが日常遣いしやすかったことも影響していると考えられる。和菓子はハレの日需要が根強く何とかもってきたが、コロナ禍で耐えきれなくなったのだろう。 2つ目の要因は、都市部を中心に和菓子文化が身近にない人が増えていることだ。若い世代ほどその傾向は顕著で、オールアバウトと、「うなぎパイ」で知られる春華堂が2017年4月、首都圏の10歳以上の男女1299人を対象に行った和菓子に関する調査で、その実態がうかがえます。

10代で週に数回和菓子を食べる人は約2割で、洋菓子の半分ほどしかいない。10~20代は、価格の高さに加え「かしこまった感じがする」「気軽に食べられない」と和菓子を敬遠しています。

さらに「ういろう」「落雁」「ねりきり」といった和菓子を50代以上は約半分が認知しているのに対し、10~20代は1~3割しか認知していないことなどが判明しています。

あと伝統や日本文化が「重荷」になってるとか。子どもの頃、日常的に食べる機会がなかったから、成長しても和菓子にはあまり手を伸ばさない、あるいは好みに合わない人が多いのではないだろうか。だから、需要がハレの日に限定されがちになる。和食もそうだが、伝統や日本文化を売りにする和菓子に、ハードルの高さを感じている人も多いみたいですよ。

そもそも美味しくないという意見も多いですね。あんこの味しかしないし、伝統とかいって改良しなけりゃ古代の嗜好品って資料に残るだけですよね。

和菓子の大半は、砂糖をたっぷり使うのが贅沢だった時代の名残でしかないよね。和菓子は生地は美味いのにあんこが不味い。何でもかんでもあんこ打ち込んで台無しにする感じもあります。

和菓子はお茶と合わせると美味しい。
洋菓子は菓子だけでも食べられる気軽さがあります。あんこ物は子ども受けしないからね。

一度フランスに輸出してフランス語名で逆輸入すればブームになるかもね。歳を取らないと和菓子が良さがわからんからなあ。

和菓子は絶望的に酸味が欠落してるからな。おいしいのはイチゴ大福くらいしか無い。
マスゴミが「パティシエ」だのスイーツだの散々煽った結果でもある。和菓子のが身体にはいいのにね。

味にバリエーションが無さすぎるのが痛いね。
ついこの間子供と桜餅と柏餅食ったけど一個で十分って感じだったもんな。洋菓子みたいにもっとフルーツとか取り入れるとか工夫しないとね。

色んなビジュアルの割りに味や香りが単調だし
他国のお菓子に比べると結局ビジュアル一発勝負にしかならないのが今の時代弱いね。インスタン映え考えて作ってたらまた違ってたかもな。

そもそも美味しかったらみんな知ってるからね。