平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

立憲民主党がAV禁止する法制定を検討 「テレビの殺人シーンで実際に殺さない」

与野党超党派議員による「アダルトビデオ(AV)出演被害防止・救済法案」についての審議が25日の衆院内閣委員会で行われ、立憲民主党は性行為を伴うAVを禁止する法律の制定をを別途、検討していく方針を示しましたね。

法案では撮影時の性交を契約無効の条件としていない。被害者支援を行ってきた市民団体などからは「性売買の合法化を招く」といった懸念が示されていると。

立民の堤かなめ氏は「政党として性行為AV禁止の法律を別途検討していくことは可能か」と確認。提案者(立民の森山浩行氏)は「性行為AVの禁止を決めることはこの法律を妨げない。本法(被害防止・救済法案)成立後の議論、検討は可能だ」と答弁しています。

堤氏は「テレビや映画の殺人シーンで実際に人は殺さない」とした上で、「性行為の撮影や動画の売買を認めることは個人の尊厳を傷付け性的搾取を許すことだ。党としてさらなる対策を検討し進めていきたい」と表明しています。

政党支持率落ちそうですね。殺人と同等の認識だったとは。性行為って違法だという認識なんですね。

AVは日本の成長産業なんだがね。性行為しないAVなんてあるのか聞いてみたいです。AVマニアの票も確実に失ったね。政治が表現にまで介入するのは行きすぎです。

また論点を間違えて議席減らすのかほんと学習能力ないですね。性行為は規制されるほど罪なことなんだろうか?

これを言い出したらドラマのキスシーンも禁止にするのかな?人類存続のために絶対に必要不可欠で神聖なる性行為を殺人に例えてる時点で頭がおかしいよ。

なんで経済政策とか語れないんだろうか?
立民はモザイクの向こうが見えるのかな。立憲はフェミ受けしか狙ってないな。

本当に必要な政策は何ひとつせずくだらないことばかりに熱心な政党だ。