平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

ジョコビッチが全仏オープンでモルカンに勝ち17年連続の3回戦進出!

25日テニスの全仏オープン、男子シングルス2回戦、ジョコビッチがモルカンを6-2, 6-3, 7-6 (7-4)のストレートで勝ち、17年連続の3回戦進出しました。

35歳のジョコビッチは昨年の全仏オープンで2016年以来5年ぶり2度目の優勝し、1968年のオープン化以降で男子初となる「ダブルグランドスラム(すべての四大大会で2回以上優勝)」の偉業を達成。また、ナダルと並ぶグランドスラム史上最多21度目の優勝を狙い、今大会は18年連続18度目の出場で、2年連続3度目のタイトル獲得を目指します。

初戦で西岡良仁をストレートで倒しての勝ち上がりのジョコビッチ。この試合の第1セットではファーストサービスが入った時に93パーセントの高確率でポイントとっていてサーブは絶好調。安定したサービスゲームを披露すると、リターンゲームでは第4・第8ゲームでブレークし先行します。

続く第2セットはサービスキープ合戦。第6ゲームでジョコビッチがブレークします。このセットで両者を通じて1度のブレークチャンスをものにし、セットカウント2-0とリードを広げます。

迎えたファイナルセット、第3ゲームで先にブレークしたジョコビッチでしたが直後の第4ゲームでブレークバックされます。その後サービスキープ合戦でタイブレークに突入。2度のミニブレークし、勝利します。

勝利したジョコビッチは3回戦でベデネと対戦します。

さてFOMC議事要旨 内容はほぼ想定通りで、株価は発表後に買い戻しが広がりました。6-7月は0.5%の利上げが有力視されていますが、そのあとの利上げは緩やかになるとの見方が優勢になっています。