平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

新型コロナワクチン打っても“未接種扱い”!?厚労省「理由は不明だが意図的なものではない」

厚生労働省は10万人あたりの新規陽性者数を「新型コロナワクチンを打ったか打っていないか」で分けて公表していますが、その中でワクチンを打っている人の一部が“未接種者扱い”になっていたことがわかりましたね。

専門家の指摘を受けた厚労省は、突如データを修正。その結果、ワクチンを打っていない人の新規陽性者数が大幅に激減しました。この「結果」が示すこととはなんなんでしょうか。

「あるデータ」の扱いがおかしいと…
名古屋大学の小島勢二名誉教授は、新型コロナワクチンに関する「あるデータ」の扱いがおかしいと、厚労省に指摘しいます。

名古屋大学・小島勢二名誉教授)
「海外の報告を見ると、オミクロン株にはワクチンの予防効果がかなり減ってしまったという話が1月の時点であった。ところが厚労省が出しているデータを見ると、(予防効果が)すごくいいんですね。海外は(予防効果が)20%になったというのに、日本では最初の治験のデータと同じで、まだ90%あった。これはおかしいな、日本人は特別かなと」

ワクチンを接種した方が感染しにくいのか?
厚生労働省は、10万人あたりの新規陽性者数を「ワクチンを打ったか、打たないか」で分けて公表しています。打っていない人を赤、2回打った人を青でグラフにすると、打っていない人の方が新規陽性者数が多いという結果に。このグラフからは、「ワクチンを打った方が感染しにくい」と読み取れますが・・・、

2022年1月以降主流になったオミクロン株では、「ワクチンの感染予防効果が低い」という報告が世界中で増えていました。ところが、厚労省の数値では、4月に入ってもワクチンを接種した方が感染しにくいことになっています。

死んだ人を未接種にしてたんかな?意図的にやっていてひどいですね。水増しを訂正したら、ワクチン打っても打たなくても結果は同じだったのか。

理解したのは国内の統計データ正しくないので
外国の統計データを見て自分で考えて生きるしか無いんだな。全省庁それだし、生きるのが辛いな。

毒かどうかは分からんけど少なくとも薬ではなかったって事だな。副反応に苦しんだ皆様方お疲れさまでした。

新コロワクチン何度でも何度でも接種しないと感染する確率上がるよ?ってことにしたい意図丸わかりですね。

これは死因をコロナ死にするか心不全とかにするかでもあるだろうな。未接種は心不全でもコロナ死、接種者はコロナ感染してても心不全
って感じじゃないと超過死亡の説明がつかないですね。

こんなことをやってると信用を失う。統計データは誤魔化さないでほしいですね。意図的なら大問題だけど、意図的でないならこの表作った担当者と責任者は相当な無能だから国会に召喚して問いただすべきだな。