平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

N党・立花代表が参院選に出馬の中国帰化人とそれを紹介してきた議員の名前を暴露

NHK党が、次期参議院選挙で全国比例で立候補する予定だった、会社経営者の原田優美氏の公認を取り消したことを発表しましたね。

 NHK党は27日に記者会見を開き、原田氏の公認を発表。原田氏は華人で、中国で生まれ育ち、2005年に日本国籍を取得しています。

 しかし発表後、ネット上からは原田氏が中国共産党と深いつながりがあるのではないかと噂に。かつて中国メディアから受けたインタビュー内で「自分は中国人だ」と何度も話していたことなど、さまざまな情報が飛び交う事態に。中国共産党と深いつながりのある「スパイ」なのではないかという憶測が流れています。

なんかすげーことになってますね。
中国の帰化人をN国党に紹介してきた自民党議員(旧民主党)かあ。中国帰化人が日本の政治家になると1議席10億円だそう。紹介は元民主党の議員となってます。

関わってるのが元民主党の議員ばかりってどうなってるの…元民主党の議員が自民や維新に入り込んで中国帰化人を当選させようとしてるとか根が深すぎますね。

既に日本に敵意を持った帰化議員がどれだけ入り込んでるのかちょっと怖すぎます。10億円で議員の席を買おうとしてるのか中国にとっては安いもんだろうな。

10億円×700議席=7000億円10億円で1議席を買えるならば、たった7000億円で日本を完全に買収できる事になりますね。

いま中国は金が有り余ってる売国議員たちにも女と金がたっぷり渡っているのだろう。

火元がNHK党なんで話半分だけど、中国共産党の浸透工作が豪州で問題になった事を考えると、まあやっているだろうなとは思いますね。

藤末議員自信が10億円出せるとはなかなか考えにくい。となると、背後に中共が絡んでいると考えるのが自然かな。とにかく自民はこの議員の身辺を改めて洗うべきですね。

日本人だって30年経たないと立候補できないのに、外国人が帰化してすぐ立候補できる制度がおかしいもんな。

帰化からたった数年で立候補出来る制度には大反対。どの政党が擁立しようが、どんな正論や政策を言おうが反対したほうがいいですね。

NHK党の立花孝志代表のツイートが事実なら、とんでもない疑獄に発展する可能性がある。米国や豪州であったケースとも似ている。立花代表のさらなる情報公開を望むとともに、名前を出された与党議員にも説明を求めたい。

これは法務省も悪いんだけれども、中国共産党共産党所属の中国人に帰化させて、日本の国会議員らになるよう指示しているといわれます。これは千人計画などと平仄を同じくする話で、新宿区議に出馬した李小牧氏や岐阜県知事に出馬しようとした帝位少輔氏も同じ文脈かと思います。

政治家や立候補者には、出自や国籍の開示をしてほしいものですね。