平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

電話代わった警察官が詐欺を見破れずに190万円被害

大阪府警の警察官が特殊詐欺の電話を見破れず、大阪市内の高齢女性が約95万円をだまし取られていたことが、府警への取材でわかったみたいですね。

府警によると、6日夕、70歳代の女性宅に政府機関の職員を名乗る男から「年金が下がる。ATMでの手続きが必要」と電話があった。女性は近所の金融機関で携帯電話をかけながらATMを操作しており、通行人の申告を受けた警察官2人が声をかけたそうです。

女性は「ATMのコールセンターに操作の仕方を聞いているだけ」と話したため、警察官は電話を代わってセンターの担当者を名乗る男と話したところ、同様の説明だったため、不審な点はないと判断した。女性は指示通り約95万円を振り込み、その後、詐欺被害に気づいた。約1時間前にも約95万円をだまし取られていたんだそう。

警察も騙されてるとか無能にもほどがあります。これじゃあ高齢者と同じですね。お年寄りは何を頼れば良いのかわかりません。

警官二人が婆さんに補償してやれってレベル。
自らが引っかかって注意喚起していくスタイルなのかな。

犯人と話しても警官が騙されるのか。これは偽警察官だろだってオチかもしれないな。普通に考えたらありえない話ではあるからね。携帯でやってる時点で詐欺に決まっているんですから。

まさにコント。警察が詐欺師の話鵜呑みにしてておもしろい話題ですね。わざわざ通行人が警察を呼んだのに、その警察官が結果的に詐欺の片棒担ぐってすごい話だ。

それにしても犯人側も急に警察出てきたのによく冷静に対応したな。手が込んでいで、警察官も騙されるのか……警察に代わっても動じないとか相手も並なやつではないな。