平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

京都では16歳の舞妓さんと混浴できるらしい


舞妓の実態があきらかになりましたね。当時16 歳で浴びるほどのお酒を飲ませられ、お客さんとお風呂入りという名の混浴を強いられた(全力で逃げたけど)。これが本当に伝統文化なのか今一度かんがえていただきたい。お客さんと山崎18年一気飲み大会で勝利した時と飲酒していたツイートがありました。

あと身八つ口から手を入れられて胸を触られることも、個室で裾を広げられてお股を触られたこともあります。舞妓さんは基本パンツ履かないので。それをお母さんに言ったら、お前が悪いって怒られたそうです。

風営法とか適用されないの?キャバクラの年齢にはかなり厳しいのにこれは治外法権なのかな?修行期間中はタダ働きやから労働基準法関係ないのかもしれませんね。

闇が深すぎてパパ活してる方がマシに思えますね。舞妓なるやつのモチベーションって何か分からんな。

未成年売春の斡旋してる土地があるなんて知られたらやばいな英語での告発はかなり反響ありそうですね。

まあ上級のおっさんしか会えないのよな。だいたいの店が一見さんお断りだから。そういうのってスーパー金持ちが行くんだろ。舞妓関係なくキャバクラとかでもあるだろうな。

お座敷遊びで満足するわけないよな普通に考えて。今でもこんなの残ってるなら驚きだな。
舞妓の仕事なんてテレビでもよく特集されたりするぐらいなのにね。