平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

テレビを消せばエアコンの1.7倍の節電と話題に

「エアコンの設定温度を28度に」――テレビのワイドショーでは、様々な節電方法が連日紹介されていますね。その一方で、黙殺され続けている一番効果的な節電方法があるそうです。

それはズバリ「テレビを消すこと」だ。

興味深いデータがある。野村総合研究所が4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』なるレポート。注目したいのは「主な節電対策を講じた場合の1軒あたりの期待節電量」という試算だ。

これによれば、エアコン1台を止めることで期待できる節電効果(1時間あたりの消費電力)は130ワット。一方、液晶テレビを1台消すと220ワットとなるみたいです。

単純に比較しても、テレビを消す節電効果は、エアコンの約1.7倍にもなるということだ。

テレビ消して節電とテレビ離れ加速させようかな。大型テレビとエアコンの消費電力近いからね。

テレビ番組休止すればかなり節電になるなぜやらないのかな?テレビ局は社会貢献しろよSDGsとか言ってないで。

死ぬまでエアコン我慢する爺婆もテレビだけは常時観てるからな。エアコン消すと熱中症で命の危険がある、TVを消しても誰も死なないどっちを優先するべきか明白だよな。

つまりテレビ捨てれば電気代節約+NHKの解約もできて凄くお得なわけだよ。テレビは結構発熱するから切っておくとエアコン効率があがるからな。

明るさを中くらいに下げる余計な画質機能は切る。これだけでかなりの省エネTVになるし、
特に画質機能色々切るとゲームする場合遅延も僅かながら減るからおすすめです。