平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

プーチン大統領がサハリン2をロシア企業に無償譲渡し三井物産・三菱商事大ダメージ

ロシアの有力紙「コメルサント」などは6月30日、プーチン露大統領が、露極東サハリンでの石油や天然ガスの採掘プロジェクト「サハリン2」の運営会社で日本企業も出資する「サハリン・エナジー・インベストメント社」について、資産をロシア企業に無償で引き渡すよう定める大統領令に署名したと伝えましたね。

同社は、露国営ガス会社ガスプロムの他、三井物産三菱商事の各グループ企業が株主となっている。大統領令では、露政府が新たに有限会社を設立し、全ての権利を譲渡することを定めているといいます。

プーチン政権はウクライナ侵略を巡り、対露制裁を科す日本や欧米を「非友好国」に指定しました。サハリン2を巡っては、これまでも露下院議長らが日本企業などの権益を露企業に引き渡すべきだと発言しています。

何でもありだな。やはり共産主義者と商売は無理そうですね。渡すくらいなら爆破したほうがいいですね。先見がなく投資に失敗してしまったな。

もうロシアウクライナ戦争終わっても戦後大変になるだろうな。でもロシア企業だと維持できないだろう。何言っても聞かないだろうし技師連れて撤退でいいかな。

日本も国内のロシア系企業の資産を没収すればいいかもね。ロシアは国際法なんて関係無いからな、戦後の北方領土や北海道への侵攻で分かっただろう。

もうまともに関わったらいかん国だけど隣にあるから厄介だよな。チャイナとかロシア相手にするってのはこういう事よなのに話し合いで戦争防ぐとか言う馬鹿いるしなんとかしてかないとな。