平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

水道橋博士、ぜんじろう、山本太郎「安倍さんが死んだら助かるのは日本国民」 →一ヶ月後に起こったことは?

「麻生、安倍、森の飛行機が墜落。助かったのは日本国民」れいわ新選組の応援演説での“不謹慎ジョーク”に批判殺到していますね。

まあこういうのに対して毅然とした対応を取らなかったのは良くないよな。何をしても良いみたいなのがエスカレートしたというか。
まあそれを言うと逆は逆で弾圧だ次は自分だと勝手に追い詰められて暴発するだけなんだけどね。

政権批判なら何やっても良いって思ってる連中を締め上げないと、悪いことが起きるな。だから人権がある程度守られてる現代で行動力のある馬鹿ってほんと厄介ですね。

国会で安倍さんに喪服着て手を合わせてたクソバカ野郎がいたな。この頃から既に暗殺するつもりだったのかなと思われても仕方がないですよね。

ホントにこのセンスがいいと思ってる奴って人間性疎外されてるんだなぁと思いますね。
ルサンチマン的な諧謔は永遠にヒトを疎外し続けるっていい加減に気付いた方がいいのにな。

自分達が人殺しの片棒担いでいるっていう認識は支持者にあるんですかね。こういう奴らやメディアとかが煽ったせいで馬鹿が実行したんだよな。

今回の件で一番表減らすのはれいわだわな。
犯人が支持者かどうかは知らんが「アベが死んだらいい」みたいなこと都度都度言ってるから
今回れいわに入れるのはテロリストと同類との心情がはたらくかもね。

ネット工作した人間とネット工作に乗っかってた人間全員取り調べるべきですね。