平日は株、週末はテニスブログ

平日は株を楽しみ、週末はテニスを楽しもう!

家余り1000万戸時代到来、住宅リストラ始まる

2023年住宅数が世帯数より1000万戸余り、日本に空き家危機が迫っていますね。人口減時代に新築中心の住宅産業育成策を続けていることが背景となっています。

既存住宅の活用や住宅を解体しやすい環境の創出がカギになっています。

2023年、住宅総数が世帯数に対し、約1000万戸も余る時代が到来するそうです。かつての住宅不足の解消を目指す政策が人口減少社会でも維持されてきたことで、家余りがさらに深刻になりそうです。

ニュータウンがゴーストタウンになってるもんな。下手な延命はせずに、都市部に人口を集めないといつまでもインフラ維持できないからね。

二束三文で買えるけどリフォーム代が馬鹿にならない。空き家は傷んでいるから改装が必要だし、税金対策が必要。ま、いなかの別荘程度というならいいかもしれませんが。

住むところはジャストサイズのほうがメンテが楽だもんな。雑草抜きが定期的に必要な庭とか要らねえしマンションで十分、近所の公園で十分。

タダでもらっても固定資産税かかるし、譲渡税みたいのもくるからね。空き家放置してるのは税金対策、固定資産税が安いのもある。

車もいらないよ、家も中古でいいよ、リフォームするからねって夫婦がけっこう幸せに過ごしてる気がする。あくまでもイメージですがね。